【口コミ・レビュー】象印のIH圧力鍋、煮込み自慢を1ヵ月使ってみた!【EL-MB30】

レビュー

アマゾンプライム限定配信のドラマ
『ホットママ』
の中でも登場し、口コミ人気も高い象印のIH圧力鍋。
購入後、ほぼ毎日使用した私がメリット・デメリットなど、実際に使ってみた感想を正直にレビューします!!

購入を検討している人は参考にしてみてください。

 

私が象印IH圧力鍋を購入したきっかけはコチラ↓

 

スポンサーリンク

象印IH圧力鍋 煮込み自慢とは

 

 

見た目も使い方なども炊飯器に近い電気圧力鍋で、

  • 一定圧力
  • 可変圧力
  • 無水調理
  • 温度調理(100℃、90℃、80℃、70℃、60℃、50℃、40℃)

の4つの調理ができるキッチン家電です。

付属品

本体の他に

  • 蒸しかご
  • 計量カップ
  • 説明書
  • レシピブック
  • メニュー番号ガイド

が付いてきます。

本体の特徴

炊飯器のようにワンタッチで蓋を開ける事ができ、閉める時は上から蓋を押さえて簡単にカチッと閉める事ができます。
蓋を開けると内蓋が付いていて、中にお鍋が入っています。

 

このお鍋は、炊飯器の釜のように簡単に出し入れ可能です。

見た目は普通のお鍋と変わりませんが、直火やIHコンロなどで使えないので注意が必要です。

 

 

 

外形寸法は幅29㎝×奥行き37.5㎝×高さ25㎝(ふたを開けた時は45.5㎝)
と、結構大きくて場所を取ります。
本体の大きさに比べると、容量は思ったより少ないなというのが第一印象でした。

ボタンはとてもわかりやすくてシンプルです。

写ってはいけない物が写ってしまったので一部モザイク処理をしています。

 

実際に使ってみた

付属品のレシピブックを参考に、鶏手羽元と大根の煮物を作ってみました。

レシピ通り材料と調味料を入れ

 

蓋をし、メニュー番号を選択、スタートボタンを押すだけ!
中央の液晶画面に残り時間が表示されます。

表示されている残り時間の前に、沸かし時間という時間がかかります。
(オーブンでいう予熱のようなものです。)

メニューによって違いますが、だいたい20分ぐらいかかる事が多いです。

画面に『沸かし中』という表示がされている間は調理は始まっていません。
沸かし時間が終われば調理に進み、調理終了までの時間がカウントダウンされます。

 

スイッチを押した後は出来上がりまでほったらかし♪
とても簡単です。

 

出来上がると音が鳴るので、蓋を開けて軽く混ぜれば完成です!!!

簡単すぎて感動!!

 

 

大根にもしっかり味が染みてる~♡

 

食材のうまみが感じられ、とても美味しかったです(^-^)

 

予約機能について

煮込み自慢には予約機能が付いているのですが、個人的に予約機能は使いにくいと感じました。

というのも、メニューによって予約可能時間が設定されていて、予約可能なメニューのほとんどが3時間半後からの設定になっているのです。

なので16時に夕食を作り始めて18時に出来上がるようにしたくても、予約ができないのです。

18時にできあがるように予約をしたければ、15時半より前に調理をしなければいけません。

 

 

 

また、予約機能というのはスタートを押してからすぐに調理を始め、設定した時間まで保温をしておくという機能です。

電気代を気にしてしまうケチな私は、予約機能を一度も使った事がありません(・_・;)

 

 

とはいえ、お仕事をされている方や、外出の予定があって夜まで帰宅しない時など、朝出掛ける前にセットをしておいて帰宅後温かい料理ができているというのは便利ですね(^-^)

 

音について

調理中、何度か蒸気がプシューっと上がる音と、何やらカチカチする音がします。

この音が急に鳴るので、ビビりな私はいつもビクっ!となってしまいます笑

 

 

ビビりな人は気を付けてください。

 

お手入れについて

使用後のお手入れは以下の通りです。

 

内ぶたのお手入れ

本体から内ぶたを外す。

 

内ぶたを3つに分ける

 

 

洗剤で洗い、水で流す。水分を拭き取る。

 

 

鍋のお手入れ

鍋を洗剤で洗う。水分を拭き取る。

 

 

蒸気口セットのお手入れ

本体蓋の上部にある蒸気口セットを外す

 

 

蒸気口セットのパーツを外す

 

 

水で洗い流す。水分を拭き取る。

 

つゆ受けのお手入れ

本体後ろにあるつゆ受けを外し、洗剤で洗う。水分を拭き取る

 

本体のお手入れ

乾いた布などで本体を拭く。

隙間に異物などがはさまっている場合は、竹串などで取り除く。

 

 

お手入れのしやすさ

取り外しはとてもわかりやすく、組み立てもしやすいです。
一度説明書を見ながらすれば次からは見なくても大丈夫なぐらい。

感覚的には、炊飯器のお手入れに似ているかなぁと思います。

ただパーツが多く、メニューによっては(脂っこい肉料理を作った後など)鍋の汚れが落ちにくい時があるので、少しお手入れがめんどうだなと感じる事があります。

 

クリーニング機能について

鍋の汚れが落ちにくい時や臭いが気になってきた時はクリーニングの機能があるので、そちらを利用します。

水を入れ、スイッチを押すと自動でクリーニングをしてくれます。

こちらの機能はまだ使った事がないので、使用後追記します。

 

 

実際使って感じたメリット・デメリット

メリット

  • 調理中、目を離せるので楽。
  • しかも簡単。
  • 食材のうまみがスゴイ。うす味でも美味しい。
  • メニューのレパートリーが増えた。

やはりほったらかし調理は主婦の味方です!
調理中に子供の習い事の送迎や洗濯物などの家事ができたり、時間を有効活用できるのがIH圧力鍋の最大の魅力だと思います。

 

そして普通の鍋で煮込むよりも食材のうまみが出てすごく美味しくできます!

味噌汁、煮物、豚の角煮、チャーシューが特に美味しく、家族からも大好評でした!

 

デメリット

  • 場所を取る。
  • 容量が少ない。
  • 調理後のお手入れがめんどくさい。
  • 予約時間がイマイチ。
  • 色がボルドーしかない

 

結構大きく場所を取る割に容量が少ないなぁと感じました。

我が家は4人家族なのですが、おでんのように具だくさんなメニューは2人分しか作れません。
4人分作れたとしてもメニューによっては物足りなく感じるため、たくさん食べる家庭には不向きかなと思います。

調理中はほったらかしで楽ちんなのですが、その後の洗い物がめんどくさい!笑
お手入れは簡単なのですが、ズボラなのでめんどくさいなと思いながら洗っています笑

 

あとは見た目の問題ですが、色がボルドーしかないので見た目にこだわって家電を選んでいる人には合わないかなと思います。

私は、使わない時は白い布をかけて隠しています。

 

まとめ

総合的に見て
買って良かった!!と思える商品でした(^-^)

『美味しくて楽』
というのは主婦にとって最高です♪

似たようなほったらかし調理家電で有名なホットクックというものがありますが、

 

こちらよりも値段が安いのも魅力の一つです。


ホットクックの方が見た目がオシャレだったり、容量が多いタイプの物があるので魅力的ではありましたが、お値段がそこそこする。

とりあえず電気圧力鍋を試してみたいという気持ちがあったのでより値段の安い煮込み自慢を選びましたが、値段も使い勝手も大満足でした!!

 

 

まだまだ試したい料理はたくさんあるので、これからも愛用します♪

 

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました(^-^)

よければポチっとお願いします♡↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました