【モラハラ体験談】モラハラは治るのか?夫のモラハラが改善したワケ【きっかけとなった事件編】

日常・体験談

シリーズ化しつつあるモラハラ体験談。

今回は『夫のモラハラが改善するきっかけとなった、ある事件』
のお話をしようと思います。

まだこの事件は自分の中で消化しきれていない部分が多く、思い出すのが苦しいですが、二度と同じ事を繰り返さないためにも記録として残します。

そして一人でも、モラハラ被害者の方の参考になればいいなという気持ちで書きます。

こんな記事でも読んでくださる方は続きをどうぞ(^-^)

 

スポンサーリンク

度重なるモラハラに限界を感じる

結婚後、徐々に酷くなっていった夫のモラハラ。

 

 

 

友人や家族に支えてもらいながらモラハラ夫との生活を5年ほど耐えていましたが、その時には夫が帰宅する頃になると胃がムカムカしたり、胃が痛くなったりして胃薬が欠かせなくなっていました。

 

 

病院にも行き、人生で初めての胃カメラもしましたが、特に異常は見当たらず。
自分が思っている以上に、夫との生活にストレスを感じていたのだと思います。

いわゆる『夫源病』というヤツです。

 

夫源病とは読んで字のごとく、夫が源(原因)となって、妻の体や心が不調になる病気です。医学的な病名ではなく、石蔵文信・大阪樟蔭女子大学教授が、男性更年期外来で中高年の夫婦の患者さんを診察する中で気付き、命名しました。

引用:eo健康 知って得するヘルスケア情報 より

 

 

体も心も限界だった私はついに離婚を決意
子供達が保育園に行っている間に役所へ離婚届を取りに行きました。

 

 

震える声で
「離婚届をください」
と言って離婚届をゲット。

役所の方は親切に書き方の補足までしてくださいました。

 

帰宅後すぐに離婚届を広げ、あとは夫に書いてもらえば提出できるという状態まで書き上げました。

そして次に何かされた時にいつでも出せるように書類ケースに入れておきました。

 

 

今思えば、離婚を決める前にもっとモラハラの証拠を取ったり、親にきちんと話をしておいたり、事前準備をしっかりしておくべきだったと思います。

最終的には離婚しなかったのでよかったですが、離婚することになっていた場合は慰謝料や養育費など金銭的な問題があるので、証拠は必須だったなぁと思います。

ただその時はそこまで頭が回らないほど追い詰められていました。

もし離婚する場合は、ボイレコや通話録画、ライン、日記などモラハラの記録を取るのを忘れずに!!

 

 

離婚届が夫に見付かった!!

私の詰めが甘かったせいで、数日後にあっけなく書類ケースに入っていた離婚届を発見されてしまいます。

もっと見付かりにくい所に隠しておけばよかったのですが、夫は基本的に探し物を自分でしないタイプなので、見付かる心配はないだろうと思っていました。

子供達が寝た後の出来事だったのが救いです。

 

 

見付かった離婚届は、すぐ夫にビリビリに破かれました。

 

俺離婚なんかせんで

 

と言いながら紙を破く夫の顔は軽くホラーでした。笑

 

 

私はパニックになりながらも

「もう私は限界。何回も言ってるけど、あなたがしている事はモラハラ。これ以上耐えられない。」

と夫に伝えました。

その後も別れる、別れないの言い合いがしばらく続きました

 

 

すると突然、夫が
「別れたくない…」
と泣き始めたのです。

 

 

 

 

いつも偉そうだった夫が泣きだした事にびっくりしましたが、私は

・モラハラをする人ほど弱い
・相手に逃げられそうになるととたんに泣きだしたり、威勢がなくなる
・忘れた頃にまたモラハラを繰り返す

 

という事を知っていたので、一時的な反省だろうと思い、夫の言う事には耳をかたむけませんでした。

泣きながら反省の言葉を述べる夫をなだめつつ、その日は

「少し考えさせて」

と保留することにしました。

 

長女の精神が不安定に

離婚届が発見された事件から数日。
「考えさせて」とは言ったものの、私の決意は変わらなかったので夫に対してとげとげしい態度を取っていました。

 

夫の方は、顔色が悪く、げっそりした顔をしていました。
食欲がないと言い、ご飯もあまり食べず。

 

その頃は長女が年長、次女が年中の2月頃でした。
長女は小学校入学前で不安な事も多かった時期です。
しばらく家庭内の空気が悪かった事も重なり、ついに長女に変化が起こり始めました。

 

 

 

 

 

まず、登園しぶりが始まりました。
朝起きて家を出るまでずっと元気がなく、園の玄関で離れる時は毎日のように号泣。

長女は元々あまり保育園生活が好きではない方だったので、登園しぶりは年長になってからも時々ありました。
その時も「また始まったか」ぐらいに思っていました。

 

 

次に、夜中に起き上がり、突然泣きわめくようになりました。

最初は夢を見ているのかと思ったのですが、毎日のように飛び起きて泣く泣き方が激しい何を言っても反応がなくただ泣き続ける。
普通の夜泣きとはまた違う感じ。
さすがにこれはおかしいと思いました。

 

ネットで調べてみると、夜驚症という症状が当てはまりました。
原因は、

はっきりとした原因はまだわかっていませんが、こどもの脳が発達途中であり、感情 をつかさどっている大脳辺縁系が活発に反応していることまではわかっており、何ら かの恐怖体験が関係しているのはないかと思われます。

引用:中野こどもクリニックHP より

 

とのことでした。

私たち夫婦が長女に強い不安と恐怖を与えていたのだと思います。

これを知った時に、私は深く反省しました。
こうなるまで自分の子供を傷つけていた事に気付けませんでした。
母親失格です。

 

そこから私は夫ときちんと向き合う事にし、話し合いをしました。

まともに話し合ったのはこの時が初めてだったかもしれません。
いつもケンカになるので、冷静に話し合いができなかったのです。

そうして夫は自分がモラハラをしていた事を認め、悪かった所を改善すると誓いました。
私も、猛反省している夫を許し、再び仲良く暮らしていこうと決めました。

子供達に、二度と辛い思いをさせないように。

 

 

後日、子供たちには『パパとママが喧嘩していたけど仲直りをした事』『今まで怖い思いをさせてしまっていてごめんなさい』と話をしました。

 

 

まとめ

以上が『夫のモラハラが改善するきっかけとなったある事件』

のお話でした。

 

長女の事は今思い返すのも辛く、本当に申し訳ない事をしてしまったと思っています。

事件の後、長女の夜驚症はだんだんとなくなり、精神的にも落ち着いていきました。
次女は表には出しませんでしたが、もしかしたら不安に思っていたかもしれません。

 

夫婦仲を改善させるのは自分が思っていた以上に大変でしたが、夫婦になって約10年、今が一番仲良しです(^-^)

見ていただいた通り、私達夫婦が今もこうしていられるのは子供達のおかげです。
子供達がいなければ、きっとすぐに離婚していました。

 

 

 

これからも今の気持ちを忘れず、家族仲良く生活していきます(^-^)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました