後片付けも簡単!適当にできて手抜きに見えないオーブン料理

料理・レシピ

体調が悪い時やちょっと楽したいという時などは、オーブン料理がおすすめです。

ボタンを押して焼くだけで簡単、材料によってはしっかり栄養もとれるし調理中は目を離せる。
そして手抜きのわりに豪華に見えるので良い事ばかりです!

後片付けが楽になる方法と、レシピと言っていいのかわからないぐらいな簡単レシピをご紹介します。

 

スポンサーリンク

鉄板にはアルミホイルとクッキングシートを敷く

料理でめんどくさい事と言えば後片付けですよね。

最近のオーブンは鉄板が付属されていて、その上に食材をのせて焼く物が多いと思うのですが、直に食材をのせると鉄板を洗うのが大変です。

そこで、鉄板の上にアルミホイル、その上にクッキングシートを敷きます。
アルミホイルのおかげで鉄板が汚れないので、洗い物が減ります!

使用後のアルミホイルを捨てるのはもったいないので、あまり汚れていなければ丸めてキッチンの排水溝のごみ受けに入れています。
アルミの金属イオンのおかげでぬめり予防になるのでおすすめです。

 

好きな具材を乗せて焼くだけ

アルミホイルとクッキングシートを敷いたら、後は好きな味付けをした具材をのせて、予熱をして焼くだけです。

 

・魚、肉、野菜など好きな物でOK。

・分厚いと中まで火が通らない場合があるので、その場合は半分の薄さに切る。
(お肉が入っていたトレー、もしくは鉄板の上でキッチンバサミを使って切ると、まな板を洗う手間が省けます!)

・基本的に味付けは塩コショウ。

・物足りなければ食べる時にたれやポン酢等をつけて食べる。
チーズをかけて焼くのもカリッとしておすすめ。

・予熱したオーブンで200~220℃で20~30分焼く。

 

私が作ったものの一部ですが

牛タン、ピーマン、にんじん、キャベツを200℃で30分↓

 

豚小間、キャベツ、ピーマン、カボチャ、ミニトマトを200℃で20分↓

 

鶏むね、ジャガイモ、ピーマン(焦げた)、チーズを200℃で30分

 

 

焼き時間、温度はお使いのオーブン、食材によって変わりますが、火が通っていなければ追加で焼いたりすればいいので適当でも案外どうにかなります。
オーブン付属のレシピがある場合は、そちらを参考にしてみてください。

毎回キャベツやピーマンを焦がしてしまうので、焦げそうな食材はアルミホイルをかぶせた方がいいかもしれません。

 

 

 

焼いている間はいい匂いが部屋中に広がるので、子供たちも美味しそう!と毎回食べるのを楽しみにしてくれます。

 

焼きあがりまでは手が空くので、洗濯物を干したり、洗い物をしたり、副菜を作ったり、休憩したり…自由に過ごす事ができます♪

私は焼き上がりまでの間、このブログを書いています(^^)

 

まとめ

オーブンで簡単手抜き料理をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

この前体調を崩してしまった時にも、このオーブン料理に助けられました。

家族にはしっかり栄養を取ってほしかったので、簡単に洗い物も少なくできてよかったです。

 

アレンジもしやすいので、ぜひお試しいただければと思います(^^)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました